完璧な目押しは必要なしの機種が多い

最近では「目押し」が出来るからと言ってそれほどメリットがある状況は減ってきていますが、それでも目押し(特にビタ押し)が出来るかどうかで勝率が変わってくる台は時折市場に登場します。

 

最近では「クランキーコレクション」や「B-MAX」などがそうです。これらは初めてシリーズがホールに登場した時から「目押し」が重要な機種でした。

 

5号機となった現在でもその遺伝子は継承され、通常時小役狙い・ビタ押しを含む「完全技術介入」であれば設定1でも機械割が100%を超える台として人気を博しました。

 

今や目押しを必要とする台は非常に減ってきています。押し順によって入賞する小役を管理するARTやAT機がホールの主流となっているため、わざわざ目押しを覚える必要もないという状況です。

 

場合によってはボーナスすら目押しする必要もないため、キャリアの浅い打ち手は目押しをさほど重要には思っていません。

 

現在ではこのように目押しができなくてもいいような状況ですので、比較的初心者の方でも打てる環境になっているのもパチスロ業界の特徴でもあります。

 

しかしそれでも最低限の目押しレベルは必要となりますので、パチスロゲームなどを使って目押しを練習したりする努力はしておくことをお勧めします。